THE WATCH CRUISE
Perfect Watch Cruise for Gentleman

最良の時計選び

-トミヤ社長が岡山JC理事長・髙山氏に時計選びをコンシェルジュ-

岡山・倉敷・広島を拠点に時計宝飾業界を牽引するトミヤコーポレーション社長、古市聖一郎氏が、 古くからの友人であり、今期の岡山JC(岡山青年会議所)理事長に就任した髙山晃一氏にピッタリのタイムピースをご用意。 髙山氏も納得する、エグゼクティブにふさわしい最良のモデルとは一体どんなモデル?

とある日の午後、トミヤ タイムアート店にて---

岡山青年会議所(以下JC)で活動を共にしてきた仲間であり、小学校からの友人でもある古市氏と髙山氏。

今回は、岡山青年会議所の第七〇代理事長に就任した髙山氏に、彼のことを誰よりも知るトミヤ古市社長が自ら、エグゼクティブにふさわしい時計を選んだ。

古市) まずは、本年度の岡山JC理事長就任、おめでとう!今日は就任を記念して、私が髙山くんにふさわしいと思う時計を十本ラインナップ。いずれも予算は百万位で、本年度のJCのコンセプトカラーであるブルーの文字盤にこだわって選んだよ。

髙山) ありがとう(笑)。それにしても、同じブルーの文字盤でも時計メーカーやモデルによって印象がガラッと変わるんだね。

古市) そうだね。ビジネスマンにとって、時計は自分の主義を語るうえで欠かせないもの。今日髙山くんに用意した十本には、各時計メーカーの哲学と意匠が詰まってるよ。

髙山) なるほど。並べて見ると、各々の違いがよく分かるね。

古市) 髙山くん、この中で気になるモデルはある?

髙山) う〜ん、どれも魅力的なものばかりで悩むね・・・。僕が気になったのは、タグ・ホイヤーのモナコと、パネライのルミノールかな。実は、モナコはかなり前から気になっていて。スクエアのケースが、スポーティーかつクラシックな雰囲気で良いよね。パネライは、実は今日初めて拝見したけど一目で気に入った!シンプルな外見なのにスポーティで品があるよね。

古市) なるほど。タグ・ホイヤーは多くのモデルにおいてモーターレーシングから着想を得ていて、スポーツと非常に縁が深いブランドなんだよね。一方、パネライの起源はイタリア海軍の軍用時計。どちらのブランドも機能美を誇りつつ実用性、馴染みやすさを追求して発展を遂げてきたブランドなんだ。実は、タグ・ホイヤーとパネライは、創業時期も同じ一八六〇年。クラシックで上品な外見ながらスポーティな雰囲気も併せ持ち、実用性も申し分ない二本。髙山くんらしいチョイスだね。

髙山) へえ、そんな背景があったんだ。知れば知るほどこのパネライ、ブルーの文字盤がすごく良い!まさに一目惚れという感じ。さすが古市くん、僕の好みを分かってくれて(笑)。

古市) 気に入ってもらえて良かった(笑)。髙山くんにとって、今年はJCの理事長という重責を担う大事な一年。本年度の締めくくりに自分へのご褒美として手に入れる、という目標を励みにして欲しいと思います。

髙山) そうだね。試しに装着させてもらいましたが、もう腕にしっくり馴染んでいる(笑)。この時計が手に入れられるよう、しっかり邁進して参ります!

(左)古市聖一郎/株式会社トミヤコーポレーション 代表取締役社長

1979年岡山生まれ。宝飾・時計文化を通して岡山を活性化できるよう日々尽力する。2014年岡山JC入会。リソース向上委員会理事委員長、専務理事など歴任し、2019年度 第69代岡山JC理事長を務めた。

(右)髙山晃一/岡山JC2020年度 第70代 理事長 髙山産業株式会社 取締役副社長

1980年岡山生まれ。2015年岡山JC入会。渉外委員会運営幹事、スケーラビリティ創造委員会副委員長、総務委員会理事委員長、まちづくり室副理事長などを経て、本年より理事長に就任。

編集者PLUG

シェアする