LIFE HUNT -D’r BECK-
STEPHANE ECK

故郷アルザスを思い出すこの場所で正しく良い暮らしを発信していきたい。

壁一面に蔦が這う古びた建物。3坪ほどのこじんまりとした店内で黙々とパンを焼く。ステファン・エック。フランス北東部の村、アルザス地方で生まれた。自宅の庭では野菜や果物が自然栽培され、毎日採ってきたものを料理する、そんな幼少期が生き方の指針になった。学生時代には音楽、アート、デザインを学び、17歳からパン作りの修行を始める。その後は、デザイナー、イラストレーター、パン職人として培ってきた手職をもとに、ドイツやカナダ、中国など世界各地を移り住んだ。

故郷アルザスの景色を思わせる場所で本物のパンを焼きたい。

本物のパンを焼きたい。そんな彼が岡山にたどり着いたのは約2年前のこと。田舎が大好きだと話す彼は、大都市のように騒がしくなく、美しい自然が故郷に似ている、そんな理由で岡山に移住を決めた。「岡山に来る前働いていた奈良県のパン屋は、パン作りにとても大事な発酵時間を大量生産のために短縮したり、パンを一つずつ過剰包装していた。そんなやり方に嫌気が差して、岡山のパン屋に転職したんだ。でも、結局はその店も同じだった。奈良ではすごく我慢していたから、もう1ミリも我慢したくなかった。それで、日本でパンを焼くには自分の店を開くしかないと気づいたんだ。」散歩の折に見つけた小さな建物。好きなように使っていいよと言ってくれた大家さんに出会えたことも決断のきっかけになった。クラウドファンディングとJFCで資金を集め、準備に邁進し、昨年10月にパン屋「BECK」をオープンした。フランスとドイツ産の材料と野生の酵母菌「ルバン種」を使って、完全自然発酵で丁寧に作られたパンが日替わりで並ぶ。もっちりとした歯ごたえがあり穀物本来の風味が口に広がる、本物のパンだ。

職業は、自分の意見を発信する手段。

彼は、自身のことをAlternative Baker(手段としてのパン職人)だと言う。「僕は自分がなにか行動を起こすとき、とても大切にしている信条があるんだ。『HATE HIERARCHY AND, SHARE,USE MY HANDS,MEANINGFUL,CRAFTED』つまり、階級や制度を拒絶し、意味のあることを自ら生み出し、それを皆で共有するということ。だから僕にとって、パンを焼くことも絵を描くこともお茶を入れることもみんな同じ。すべての仕事は自分の意思を表現するための手段でしかないんだ。」ステファンの意思とは何か。それは、人間として、真に正しく健康な生き方をするということだ。朝6時のオープンに合わせて毎日夜中の1時からパンの仕込みを始めるのも、オーガニックの材料にこだわるのも、みんなに安全な食を提供し、健康な暮らしを共有したいから。「日本でオーガニックと言うと、高級食材とかおしゃれというイメージが先行しがちだけど、違和感がある。本来オーガニックは一番安全で正しい食であり、薬や機械に頼らず、土地の利を生かして自然に作られる食べ物だよ。自然を残し、人々が正しい生活に戻り、土に触れられる時間をつくれば簡単に手に入るものなんだ。システムに目を瞑って働くのは間違ってる。過剰包装もそうだ。印象を重視するなんておかしいよ。見栄えのためにゴミが増え環境が破壊されてる。 だから、ベックではレジ袋を使わない。最初のうちは戸惑うお客さんも多かったけど、粘り強く呼びかけ、会話を重ねるうちに定着してきた。僕のやり方に意を唱える人もいるかもしれないけど、自分の意思は絶対に曲げるべきじゃない。だって自分らしく生きたくてパンを焼いてるんだから。 」彼は、現状を甘受することはしない。それは、彼が物事の本質を見つめ、正しい方向に向かうにはどうすれば良いかをいつも模索しながら生きているからだ。「僕は正直、岡山にも日本にも納得できないところがたくさんある。だからこそ、状況を末端から変えるためにここを拠点に行動を起こすと決めたんだ。正しい考えは人々に伝わり、それがコミュニティーになる。その輪が広がれば、みんなの暮らしは今よりもずっと良くなると信じてる。政治はローカルを知らない政治家がするものじゃない。自分たちが日々暮らしの中で行うものなんだ。」「政治/Politics」の語源は「国家=みんなのもの」という意味になる。「社会/Society」は親交、友愛、絆という意味だ。レジ袋の廃止や過剰包装の廃止、早起きの健康的な暮らしを促すための、店の早朝オープン。彼がやろうとしていることはどれも、自分の意見を発し、仲間を増やし、共に学び育っていく、まさに「政治」本来の形だ。 些細なことでも、当たり前のことを変えるのは大変な努力が必要。けれど、何かをきっかけに良い方向に変わりたいと思うなら、勇んで変わる行動を起こすべきだ。ステファンがそうしているように。

D’r BECK

岡山県岡山市中区門田屋敷本町2ー6 1F 
営業日:木・金・土・日
営業時間:6時〜17時
※パンの予約はFacebook:[D’r BECK]から可能。

編集者PLUG

シェアする