FOOD JACK vol.1 RA-MEN
羽村 敏哉_八方

70余年の歴史を刻んだ、これぞ元祖・岡山ラーメン。 円熟した一杯がお腹と心をたっぷり満たす。

かつそば ¥1,000(税込)

始まりは戦後の奉還町、昭和23年に「日の出食堂」として産声をあげたのが現在の「八方」だ。実はこちらのお店、羽村さんの実家であり、今は弟さんが店主を務めている。開店前から行列のできる人気店で、定番メニューは中華そば。味の決め手は、創業以来三代にわたって受け継いできた秘伝の醤油ダレだ。時代を経て試行錯誤の末、今の「八方」の味が完成した。それは羽村さんの言葉をかりれば「円熟した」深い味わい。香ばしい醤油とほのかにカツオ出汁の風味を感じる、こっくりとした鶏ガラ豚骨のスープ。創業から70余年、元祖・岡山ラーメンとして長く県民に愛されてきたラーメンだ。

NAVIGATOR_羽村 敏哉

1962年岡山市生まれ。岡山を代表する料理人であり、2018年にオープンした「喰切料理 八方」の料理人。1985年、後の「はむら」となる「ひな市」を開店。「岡山に、はむら在り」と言われる銘店となった。現在は八方にて、「一客一亭」を胸に、心のこもった数々の料理でお客様をもてなしている。

八方

ADD:岡山市東区西大寺上2-7-45
TEL:086-943-7816
TIME:11時〜 20時
HOLIDAY:毎週日曜・第三月曜

編集者PLUG

シェアする