古市大藏の岡山表町慕情_vol.03

岡山のまちづくり・ひとづくりの立役者であり世話人、古市氏による表町を舞台にした考察コラム。

「SDGs×商店街」の一翼となる表町桃太郎ジム

商店街としてSDGsに取り組む。これは現在、我々表町ルネサンスが目指している目標です。その一環として、昨年10月に表町桃太郎ジムをオープンしました。現在(2019年1月現在)、ご近所の住民の方々をはじめ、この界隈で働く人など、たくさんの方にご好評いただいており、すでに会員は400人を超えています。このジムの最大の特長は、県下で唯一、鍛錬製のトレーニングマシンをフルスペックで導入していること。これは、体に激しい負荷をかけずとも、ダイエットや筋力アップ、機能改善や介護予防も実現できるというもので、短時間の利用でも十分に効果が実感できるんですよ。ビジネスマンの方は、朝の出勤前や仕事終わりに30分程度利用したり、高齢者の方は平日のお昼にゆっくり運動したりと、それぞれのニーズに合った使い方をしていただいています。今後、ヨガやボクササイズも取り入れ、幅広い世代のあらゆるニーズに応えるジムとして運営していきたいと思います。そもそもこの表町桃太郎ジムは、17あるSDGsの目標のうち、「全ての人に健康と福祉を」という項目の実現を目指してつくったものです。キャッチフレーズは、「心と体、みんな元気で表町」。元気に街歩きする人が表町に増え、ここが新たな人々の交流の場となれば嬉しいですね。私は、カルチュラルアンドメゾン・コチャエの開店など、表町の賑わい創出に貢献したいという思いから、これまで様々なことに取り組んできました。いま世界中でSDGsへの機運が高まっているとはいえ、商店街という単位でSDGsに取り組み、具体的に展開しているところは全国的に見てもまだありません。表町がその先駆けとなっていければ、という思いもあります。SDGsをただ標榜するだけでなく、実現可能なアイデアを考え、それを具現化し継続していく。それが、サスティナブルなまちづくりに繋がっていくと私は思います。

先達の英知を「表人の会」で次世代へ継承する

今まで私は多くの活動を通して、まちづくりに取組んできました。その根幹にあったのは、表町を振興していきたいという想いです。昨今、全国で商店街の衰退が嘆かれていますが、私はもう何十年も前から、表町商店街もその例外ではないという危機感を持っていました。だからこそ、「こうやっていこう」「こんな催しをしてはどうか」と、表町の関係者の方々に幾多の働きかけもしてきました。しかし残念なことに、ほとんどが実現に結びつかなかった。その理由は、決断までに長い時間を要して機を逸してしまったり、現状を変えることを受け入れられない人たちに反対されたり、といったものです。人それぞれの立場や視点があってのことなので、それを全て否定はしませんが、呼びかけるだけでは現状を変えることは困難だということが分かりました。これからは、啓蒙活動ではなく、自分が率先して行動を起こし、その背中を見てもらうことによって、私の想いに賛同してくれる人を一人でも二人でも増やしていくしかないのではないか、という結論に至ったのです。先に述べた表町桃太郎ジムも、コチャエも、そうした想いからつくりました。私は、商人の「三方よしの精神」に、地域・未来という項目を加えた「五方よし」の精神をもち、商店街の未来を見据えていきたいと思っています。その信条を胸に、新たにスタートさせようとしているのが「表人(おもてびと)の会」という活動です。経営という第一線から退いた我々のような立場の人間が、これまでのビジネスや地域活動で培った経験や知恵を若者に伝え、応援していこうという趣旨の活動です。まず形態としては、塾のような場を設けること。講演やグループディスカッションなどを通し、企業人たちの見識や哲学を学んでいただくというものです。また、岡山には、陽明学の権威と呼ばれる学者や、西欧の名門貴族にコネクションのある大学教授など、知識人が数多くいます。企業人や知識人が先達として、知的欲求のある若者を表町に集め、その見識や精神文化を伝えていく。これが、会の活動として取り組んでいきたいことの一つです。そしてもう一つは、岡山で頑張っている若者を顕彰し、バックアップすること。目覚ましい業績を上げる起業家を表彰する活動は多々ありますが、我々が大切にしたいのは、売上げや業績だけでなく、その人間性や資質も含めて、長い目でじっくり見て選考するということです。「自分が大きくなることが、地域を明るくするんだ」そんな気概のある若者を応援したいと思っています。私はこれまでにも、岡山武蔵倶楽部やEU協会など、いくつもの会や活動の発足に関わってきました。表人の会の活動は、その集大成となるでしょう。コチャエや表町桃太郎ジムの設立、表人の会のスタート。自らが身を切り、率先して取組むことで、その背中を見せていく。これに賛同し、自分もやってやるぞ、という情熱を持つ若者を岡山に一人でも増やしていきたい。そう願ってやみません。

KOTYAE カフェアンドスペースコチャエ

カフェ&企画型イベントホールを備えた多目的スペース。コンサートやカルチャー教室、ワークショップなども定期的に開催している。古市氏とニッティ・グリッティの小笠原氏が共同出資して設立した、表町ルネサンスが運営。
岡山市北区表町3-5-19 / TEL:086-206-7788 / 営業:11:00~19:00/ 定休日:火曜日

表町桃太郎ジム

表町2丁目、旧エターフェビルにオープン。「心・体、みんな元気で表町」と掲げ、筋力増強やシェイプアップ、機能改善や介護予防など、多様な目的に対応したジムとして注目されている。
岡山市北区表町2-6-64雷電館3F / TEL:086-237-2111 / 営業:8:00~22:00 / 定休日:水曜日

古市 大藏 /(株)トミヤコーポレーション代表取締役 会長

1945年岡山市生まれ。世界の一流品を扱う時計・宝石の専門店を岡山県内に10店舗展開する㈱トミヤコーポレーションの代表取締役会長。岡山商工会議所副会頭のほか様々な地域経済団体でも役職に就き、長年に渡って岡山のまちづくりに尽力している。また、地域を担う若手の育成や教育にも積極的に携わる。

編集者PLUG

シェアする