コロナショックから地域の文化を守れ!YEBISU YA PROが始動したクラファンに支援集まる。

YEBISU YA PROへクラウドファンディングで支援を。

2010年にオープンして以来10年間、岡山の音楽シーンを牽引し、音楽を世界に向けて発信してきたライブハウス・クラブ YEBISU YA PRO 。岡山に根差しながら、石野卓球やtofubeatsがレギュラーパーティーを持つなど国内外を問わず魅力的なラインナップを招聘してきた。しかし今回の新型コロナウイルス感染拡大により、3月下旬から営業自粛を続けている。緊急事態宣言の発令など、先行きの見えない状況の中で、このまま夏まで営業自粛が続くと、店の存続自体が現実的に不可能になる見通しであることから、4月17日(金)12:00よりクラウドファウンディングでの支援の呼びかけを開始した。

今回のクラウドファンディングにあたり、石野卓球は「もしかしたらコロナで俺石野卓球は死んでいるかも、でもYEBISU YA PROがなかったら俺DJ石野卓球は死んでいる。YEBISU YA PROがあれば俺、DJ石野卓球は生きていける。そしてYEBISU YA PROがあれば生きていける人もいるんだぜ〜。経済的な意味だけでなく感性の意味でね。文化と娯楽の意味で大事なことだぜ〜!でえれー大事なことだぜー!」とコメント。

tofubeatsも「旧YEBISU YA PRO(岡山ビブレ地下)での衝撃的な出会いから、自分と岡山ひいては瀬戸内エリアを今も繋いでくれているYEBISU YA PRO。全国屈指のサウンド・システムと岡山の人達が生み出す雰囲気は、どことも替えが効かないめちゃくちゃ貴重な現場です。全国で唯一自分でレギュラーイベントと銘打っている【unBALANCED】もYEBISU YA PRO無しでは開催しようとは思いませんでした。是非また皆様に、ここで自分のアクトを見てもらえる時がまた来て欲しいと思っています」と支援を呼びかけている。

さらに、YEBISU YA PRO が発行するフリー・マガジン「THEBONOBOS」をツールとした新たなコンテンツ FANCLUB「でえれ~通信」の立ち上げ、ライブ配信システムの導入など、YEBISU YA PRO だけでなく、業界ならびにアーティストに少しでも還元出来るシステムの構築も目指していく。

クラウドファンディングでの支援の募集は5月17日まで。当初の目標金額であった500万円は開始後5日で達成をしているが、緊急事態宣言延長の可能性や、コロナウイルス感染拡大終息の見通しの立たない状況を踏まえ、追加の支援を募っている。

YEBISU YA PROへの支援は下記URLから。 

YEBISU YA PRO 支援プロジェクト
https://camp-fire.jp/projects/view/260864

<資金の使い道>
営業自粛期間中の賃料・人件費、諸経費、新規コンテンツの準備資金、CAMPFIREの手数料。

<これまでの活動>
岡山のライブハウス・クラブ。
2010年7月ライブも可能なクラブとしてオープン。2014年5月にテナントとして入っていたビルの閉店により、一 時閉店となる。2015年1月ライブハウスとしての機能を充実させ、移転オープン。岡山という地方都市でありながら、国内外を問わず最高のアーティストを招聘し、いつ来ていただいても楽しいお店と 思っていただけるようスタッフ一同心掛けて参りました。
レギュラーパーティー : 石野卓球(電気グルーヴ)「SLOPPY」、tofubeats「unBALANCED」他
http://yebisuyapro.jp/top

<実施スケジュール>
支援受付開始 : 2020年4月17日(金) 12:00
支援受付締切 : 2020年5月17日 23:59

<応援コメント>
YEBISU YA PRO 支援プロジェクトページにて掲載
https://camp-fire.jp/projects/view/260864

<最後に>
日頃からYEBISU YA PROをサポートして頂いている皆様、いつもありがとうございます。
わたしたちは2014年にVIVRE閉店により店がなくなったときも必ず復活するという思いを胸に乗り越えることができました。今回コロナウイルス感染拡大防止の為、3/21から自社イベントを自粛する決断をしたときもCANPFIREさんのクラウ ドファンディングを利用して前向きな企画を考えていましたが、日に日に状況が悪くなっていく中で営業の再開の目処が立たず打つ手もなくなり次第に追い込まれて行きました。そんな中いろんな方から心配や様々なアドバイスを頂きました。
そして最後には「YEBISU YA PROがなくなっては困るから」と応援の言葉を頂きました。わたしたちは、この危機を全力で乗り越え、YEBISU YA PROを残す為に努めます。皆様も大変な状況の中このようなお願いをするのは大変心苦しいですが、YEBISU YA PROにお力を貸して頂けないで しょうか。皆様のご支援をよろしくお願い致します。

YEBISU YA PRO 代表 丹正功一

編集者PLUG

シェアする