オカヤマで働こう_おかやま信用金庫

「岡山のみ」を活動拠点とし、金融事業を展開する信用金庫。地域のために個人や事業者に寄り添い、豊かな暮らしのパートナーを目指す。毎年夏の「うらじゃ」には踊り連として参加を続けるなど、様々な地域イベントには金庫をあげて精力的に参加している。

「地域が変わるとき、同時に変わる」。人と暮らし、社会のそばに、いつも一緒に。

HEAD DIRECTOR* TALK___「いつも、あなたと。」 岡山にあるすべての人・モノ・コトとともに

株主の利益が優先される銀行とは異なり、信用金庫は「地域限定」でかつ、地域の方々との協同組織の金融機関。主要取引先は岡山の中小企業と県民の皆さんです。当金庫のスローガンである「いつも、あなたと。」の《あなた》とは、岡山の中小企業であり、暮らす方々。企業・人・地域、3つそれぞれの目的やご要望は同じものは一つとしてなく、目的や課題に対してまっすぐに向き合い、ご提案していけるよう心がけたいと考えています。「地域のために」が最重要課題である当金庫が職員の皆さんに求めるのは、同じ船にお客様を乗せて目的地へお連れする「クルー」としての責務。時代という荒波の中で、様々な職務を《お客様のために》遂行していける人間力が重要になってきます。 現在、岡山再開発のためのビッグプロジェクトが続々と進行しています。地域に根差したイベントやスポーツ、「うらじゃ」のような県民あげてのお祭りなども多くが成功しています。これからも素晴らしい岡山の発展のために全力を注ぐ所存です。

EMPLOYEE* TALK___「岡山のために」金融業を通して新たな魅力を再発見

今年2月に福島支店に着任し、ようやく慣れてきました。信用金庫の仕事は、地域にあるあらゆる業種を深く知り、年齢も考え方もまったく異なる様々な方々とお会いできることが醍醐味だと思っています。幅広い知識が必要となるため勉強が欠かせない毎日ですが、その分新しい驚きや発見につながるので苦しみでもあり、楽しみでもあり、といったところでしょうか。 「岡山のため」という大きな目的があるため、目の前の企業様やお客様に寄り添った提案をすることができます。今お客様に信頼して頂けるのも、これまで先輩方が築いてこられた礎があってこそ。このバトンをしっかり次世代へつなげていけるよう、後輩の育成も今後のミッションの一つです。また、過去には「うらじゃ」のリーダーを任せて頂き、自分の個性を生かしながら岡山の活性化を違う側面から体験することができました。今後も、当金庫と岡山の両方を盛り上げていきたいと思っています。

桑田 真治(くわだ しんじ)

おかやま信用金庫 理事長。1954年岡山市生まれ。甲南大学経済学部卒業。1996年岡山相互信用金庫非常勤理事に就任。合併後のおかやま信用金庫専務理事を経て2004年理事長に就任(現職)。2011年岡山県信用金庫協会会長に就任

竹内 慎介(たけうち しんすけ)

おかやま信用金庫 福島支店主任。1987年岡山市生まれ。愛媛大学教育学部を卒業後、2011年入庫。大元支店と西奉還町支店を経て2019年2月に現職。

求人情報

おかやま信用金庫

本社住所. 岡山市北区柳町1-11-21
お問合せ. 086-223-7491(担当者:総務部 山田 志穂美)
http://www.shinkin.co.jp/okayama/
〔応募方法〕 おかやま信用金庫ホームページからエントリー

「“おかやま”で一番身近な」「“おかやま”とともに成長する」金融機関を目指し、
人間力を結集して岡山に貢献しています。

【募集職種】
総合職・一般職(共に正職員)
【仕事内容】
信用金庫法に基づく金融業務全般(預金業務、融資業務、為替業務、相談業務) 
【勤 務 地】 
岡山県 岡山市、倉敷市、玉野市
【勤務時間】 
8:45~17:35
【必要資格】 
特になし
【給与】
月給20万円(大学卒)、月給17万3,500円(短大・専門学校卒)
【昇給賞与】 
昇給:年1回(4月)賞与:2回(別途、業績に応じて年度末特別賞与あり)
【福利厚生】 
各種社会保険、厚生年金基金、退職金制度、財形貯蓄、職員融資制度、資格取得支援制度など
【諸手当】
通勤、超過勤務、役職、渉外、家族など
【休日休暇】
土・日・祝日、12月31日~1月3日、年次有給、慶弔、出産、育児、子育て、地域貢献活動、災害、介護、メモリアルなど

編集者PLUG

シェアする