FOCUS ON…(有)ストロベリー

「発達支援×アート」放課後等デイサービス開校!

現在の日本で発達障害と診断される子どもが増加していることをご存知だろうか?「10人に1人がADHD」とも言われており、文部科学省の調査によると発達障害とされる子どもは推計で約60万人。しかしそのうち4割弱は特別な支援を受けていないという。その理由の一つとしてあげられるのが発達支援施設の不足。この深刻な問題に切り込むのが(有)ストロベリーだ。

同社は、岡山で日中一時支援や児童発達支援、生活介護など多機能型の施設を展開してきた。そして今年1月、放課後等デイサービス「キッズハウスいちご アトリエ」を新たにオープン。この施設の特長は子どもたちの活動においてアートという要素を多く取り入れていること。専門の講師による指導のもと、本格的なアートや工作に触れることで、感性豊かな子ども達の発想を形にし、モノづくりの喜びや社会性を学び、自立への一歩を促すことを目指している。

築67年の趣ある古民家を改装したアトリエは、子どもたちの成長と共に、彼らが生み出す個性豊かなアートで彩られていく。現在の日本で発達障害と診断される子どもが増加していることをご存知だろうか?「10人に1人がADHD」とも言われており、文部科学省の調査によると発達障害とされる子どもは推計で約60万人。しかしそのうち4割弱は特別な支援を受けていないという。

その理由の一つとしてあげられるのが発達支援施設の不足。この深刻な問題に切り込むのが(有)ストロベリーだ。同社は、岡山で日中一時支援や児童発達支援、生活介護など多機能型の施設を展開してきた。そして今年1月、放課後等デイサービス「キッズハウスいちご アトリエ」を新たにオープン。この施設の特長は子どもたちの活動においてアートという要素を多く取り入れていること。専門の講師による指導のもと、本格的なアートや工作に触れることで、感性豊かな子ども達の発想を形にし、モノづくりの喜びや社会性を学び、自立への一歩を促すことを目指している。築67年の趣ある古民家を改装したアトリエは、子どもたちの成長と共に、彼らが生み出す個性豊かなアートで彩られていく。

キッズハウスいちご アトリエ

日本家屋をリノベーションしたアトリエ。今後壁面にグラフィックアーティストによるアートを施したり、隣接した離れ家でカフェを運営する予定。人々が行き交う、地域のコミュニティの場として要注目だ!

岡山市中区平井1-1-13
定員.10名
対象.小学生〜高校生
時間.14時〜18時
http://www.strawberry-okayama.jp/

有限会社ストロベリー

岡山市中区平井4-15-12
TEL.086-276-8550

久安 宏一 / (有)ストロベリー 代表取締役

1983年生まれ、岡山市出身。2005年1月母親と一緒に現有限会社ストロベリーを起業。介護福祉士を目指し、修行と経験を積む目的で株式会社エンジョイライフ21に就職。2008年に有限会社ストロベリー代表取締役就任。

編集者PLUG

シェアする